本物商品 男の身だしなみ

suwadaの高級爪切りはヤスリがけ不要な一生モノ商品

この記事は約4分で読めます。

高級品として知られるsuwadaの爪切りを購入した。

100均でも爪切りが買えるこの時代に、あえて5000円を爪切りに投資したのには理由がある。

suwadaの爪切りは切れ味が全く違う、綺麗に切れるので爪切りが不要になるというレビューを目にしたのだ。

私にとって爪切りは、身だしなみのためにしなければならないもの(義務)であり、面倒なタスクである。

ヤスリがけが不要になるならば、面倒ごとが減り、QOL向上に繋がる。それならばと購入に至ったわけだ。

先日suwadaの爪切りが届き、早速使ってみた。本記事で実際にどうだったのか所見を記したい。

SUWADA つめ切り(ネイルニッパー) クラシックL

今回購入したsuwadaの爪切りはクラシックというタイプのLサイズの商品。

幾つかのサイトで販売されていたが、今回は使い慣れたアマゾンで購入した。

Sサイズもあるが、説明やレビューを参考にしながら、足の爪切りにも使うことを考えるとLが良さそうだったので、Lを購入。

梱包を開けるとsuwadaと記された箱が現れる。さすがは高級爪切り。丁寧に扱われている(箱に跡があるのが若干気にはなるが..)。

suwadaの爪切りの使用感

箱を開けると爪切りと使用説明書が現れる。

ニッパー型の爪切りは初めてなので、まずは使用方法を確かめよう。

指先を挟まないようにとある。

確かに切れ味が鋭いと評判の爪切りだけに、指を切ったら大変だ。慎重に爪を切らなければ。

一応切る前の爪を撮っておいたが、そこまで爪が伸びていなかった。指先をわずかにはみ出した爪の部分を慎重に切り揃えることに。

suwadaの爪切りはヤスリがけ不要の真相

楽しみにしていたsuwadaでのファーストカット。

驚いた。とても滑らかな切り口だ。

今まで爪切りを形容する音はパチン、パチンであったが、suwadaの爪切りはパチンとは言わない。

スチャ、もしくはヌチャという感じだろうか。しっとりとした切り心地なのだ。

爪先をわずかに切っただけなので、分かりにくいかもしれない。

しかし切り口が柔らかい。

普通の爪切りを使った後、切りたて特有の鋭い爪先の感じがない。

試しに切りたての爪で頰をなぞってみるが、突き刺さる感じがない。私の場合、確かにヤスリがけせずとも十分な仕上がりと感じた。

もちろん、爪にこだわりのある方や、手先が商売柄大事になってくる方は、ヤスリがけも必要だろうが、私のように一般的なメンズであればやすりがけせずとも十分だと思う。

suwadaの爪切りは飛び散るか

他にレビューで気になった点がある。ニッパー式の爪切りだから、爪を切る度に爪があちこちに飛び散って大変だという口コミがあったのだ。

この点に関しては、ほぼ大丈夫であった。

いつも使っているノートの上で爪を切ったのだが、90%以上の切った爪はこのノートの上に留まった。

しかし、ほぼと書いたように幾つかの爪はノートの外に吹っ飛んでいった。これは事実である。

ただし、爪切りの使用法に慣れてくれば、飛び散る爪の数も減らせそうに思う。

この辺りは引き続き試行錯誤していきたい。なにせまだファーストカットの段階だ。

爪切りの面倒を軽減してくれるsuwada

以上、今回はweb上の口コミを確かめつつ、suwada製の爪切りを使用してみた。

まだ一度使っただけだが、仕上がりには満足している。

一度のカットでマイルドな爪先に仕上がる点も、ヤスリがけの手間を省いてくれる時短グッズという点でも、オススメしたい爪切りだ。

今後も、使用していく中で気付きがある度に追記していく。

今回の記事も読者のQOL向上に役立てば幸いだ。

-本物商品, 男の身だしなみ

© 2020 Upper Life Powered by AFFINGER5