次世代の仕事 瞑想

瞑想トレーナーへの道!瞑想を学ぶことができるスクールのまとめ

2018年10月15日

この記事は約3分で読めます。

この記事は、まだまだ認知度の低い瞑想トレーナーという仕事(2018年10月時点)にアンテナが立っている、感度のいい、一歩先行く人々のために書いている。

というのも、同じような感性を持った人たちと感覚を共有したいという思いがあるからだ。

瞑想スキルへのニーズの高まり

自分の感覚的に、瞑想スキルの需要、社会的ニーズは今後増えていくだろうと感じている。

高齢化社会に突入する日本において、人生100年時代を考える上で、健康寿命を延ばしていくことがより一層求められ、まず体へのアプローチが市場としては盛り上がり(トレーニングブーム、パーソナルトレーニング市場の増加)、その後目に見えない心の分野に入っていくと思われる。

瞑想ブームが訪れるには、もう少しタイムラグがあると思うが、徐々に社会的認知を得ていくだろう。

今現在、瞑想トレーナーという仕事にアンテナが立っている人は、既に何かしらの健康産業に関わっている人、次のビジネスチャンス、大きな流れを掴もうとしている人なのかもしれない。

と、大まかに読者予測をつけながら、せっかくなので私の知る範囲で、ビジネス系の瞑想(スピリチュアル系はあまり知らないので、今回は除外)を学ぶことができる、団体を3つ紹介する。これから瞑想スキルを学びたい人の参考になればと思う。

瞑想スキルを学べるスクール

1一般社団法人マインドフルリーダーシップ(MiLI)

一般社団法人マインドフルリーダーシップ(通称MiLI)では、Googleで誕生した瞑想プログラムSIY(Search Inside Yourself)を短期集中2日間で学ぶことができるプログラムを提供している。

2一般社団法人まなびやアカデミー(まなアカ)

「もっと、オープンにスキルやノウハウを広げたい」との想いから立ち上げられたまなアカでは、2日間の講座受講、約半年間の瞑想実践、2度の瞑想講座開催という条件を満たした方に、瞑想トレーナーの資格を発行している。

自分はまなアカの講座を受けた。内容の充実さと費用とを考えて、コスパが高いと感じたのが理由だ。

3ココクリ

まなアカでも講師を勤めている、井上広法さんをはじめ、お寺の住職や副住職の皆様で講師陣が固められた点で、エッジのきいた団体。企業向けの講座や研修も積極的にされている。

瞑想トレーナーという仕事まとめ

以上、瞑想トレーナーという仕事にアンテナが立って、このページにたどり着いて頂いた方に、少しでも必要な情報となっていれば幸いだ。もし、関連で気になる情報、知りたい情報等があれば、LINE@から個別でメッセージをして頂ければと思う。可能な限り答えていきたい。

kindle unlimitedでQOLを高める

audibleで効率的な情報収集を

-次世代の仕事, 瞑想

© 2020 Upper Life Powered by AFFINGER5