Apple Watch モチベーション

AppleWatchでVO2Max最大酸素摂取量を測定する

この記事は約4分で読めます。

AppleWatchを使えば自身のVO2Max最大酸素摂取量を測定することができる。最大酸素摂取量は有酸素運動能力を測定する基準になる。自身の現在のランニング能力を把握し、トレーニング効果を知る上で役立つ。AppleWatchランナーは必見だ。

VO2Max最大酸素摂取量とは

まずはVO2Maxについて共有しよう。ウィキペディアでは下記のように定義している。

最大酸素摂取量とは、漸増運動で測定された酸素消費の最大量のこと。最大酸素摂取量は有酸素運動能力を反映し、長時間の最大限下の運動持久力を決める重要な要素である。

Wikipedia

AppleWatch上でもVO2Maxの説明を確認することができる。

最大酸素摂取量は、運動中に体内で消費でいる酸素の最大量を示します。最大酸素摂取量の値が高いと、心臓血管の健康状態や心肺持久力が高いと言えます。

いずれの説明によってもVO2Maxは有酸素運動能力を測る指標ということになる。

AppleWatchでVO2Maxを確認する

Apple Watch上でVO2Maxはヘルスケアのブラウズ→呼吸から確認できる。

呼吸をタップ選択すると、過去のアクティビティを元にVO2Max最大酸素摂取量の予測値が表示される。

オプションからよく使う項目に追加しておけば、ヘルスケアの概要にも表示されるようになる。

すべてのデータを表示から過去のVO2Maxの数値を把握することもできる。

ウォーキングやランニングを継続しようという時に、タイムもそうだが自身の変化を数値で確認できるとモチベーションに繋がる。日々有酸素運動を継続する中で、少しずつでもVO2Maxが増えていけば、それは喜びにもなるだろう。

ちなみに過去に厚生労働省が発表した基準によれば、男性の基準値は18~39歳で39 ml/kg/分のようだ。

参照:最大酸素摂取量 | 健康長寿ネット

私の現在の数値では、平均値よりもやや高い程度。まだまだ伸び代の余地がある。

フルマラソンで4時間切りを達成する目安は45mL/kg/minであり、3時間を切るためには60~65mL/kg/minが目安というから、今後フルマラソンを目指す方はトレーニングや目標の参考にすると良いだろう。

参照:最大酸素摂取量(VO2max)を高めるためのマラソントレーニングとは?

AppleWatchでVO2Maxが測定できない場合

短い時間のワークアウトではVO2Maxが測定されないケースもあるようだ。ヘルスケアの最大酸素摂取量の項目では、20分以上のハードなウォーキングやランニングの間にVO2Maxの予測値を記録するとある。

私の場合、今のところ定期的にVO2Maxが問題なく計測されている。ランニングは2,30分、ウォーキングは30分程度だろうか。どこのワークアウトの分が計測されているのかは定かではないが、今のところ順調に計測されている。

もしもうまく計測されない方がいれば、Appleコミュニティで質問してみるのも一つの手だ。

最大酸素摂取量が測定されない。 - Apple コミュニティ

VO2Maxからマラソンタイムを予測する

AppleWatchには標準でフルマラソンのタイム予測機能はないが、VO2Maxの数値から、下記のようなサイトを活用してタイム予測することはできる。

最大酸素摂取量とマラソンの予想タイム

VO2Max42であれば、4時間2分と予想タイムが算出される。少し過大評価気味な気がするが、(実際今の私の状態では厳しいように思うが)、目標タイムとして考えるには良いかもしれない。

AppleWatchでVO2Maxを測定する-まとめ

以上、今回はAppleWatchを使ってVO2Max最大酸素摂取量を測定する方法と活用法についてまとめた。

AppleWatch導入を検討中の方、ランをより楽しみたい方に、VO2Maxの測定はオススメだ。本機能を活用すすることで、自身の有酸素運動の現状と向上量を知ることができる。

今回の内容を参考に、より有酸素運動系のワークアウトを楽しむ方が増えれば幸いだ。

Top Photo by Chander R on Unsplash

kindle unlimitedでQOLを高める

audibleで効率的な情報収集を

-Apple Watch, モチベーション

© 2020 Upper Life Powered by AFFINGER5