体調管理

テストステロンを増やす運動/食事/睡眠/その他/全9の方法

この記事は約7分で読めます。

男性ホルモンとして知られるテストステロン。近年のトレーニングブームに乗じて、男性力を高めるホルモンとして、すっかりメジャーになった。そこで本記事ではテストステロンを増やす方法についてまとめる。食事、運動、睡眠以外にも注射や漢方といった方法を見逃さないで欲しい。

※記事下に参考資料一覧を掲載しているので、情報元を確認したい方は参考にどうぞ。

テストステロンを増やすメリットとは?

これまでも各雑誌やウェブサイトで、テストステロンの役割については紹介されてきているが、改めて本項にもテストステロンを増やすメリットについて記す。

1筋肉/骨格の発達

テストステロンが分泌されることで、筋肉が付き、骨格が発達することが知られている。よりたくましく男らしい身体を目指す方、トレーニーがテストステロンを求める最大の理由だ。

2精神を安定させる

テストステロンの分泌が低下すると、憂鬱な気分になったり、精神的に不安感が増すという弊害が起きる。アクティブで爽快な気分であるためにも、堂々と自信を持つためにもテストステロンが一役買う。

3精力アップ

テストステロンは男性機能を高めることでも知られる。性的な面はもちろん、常日頃からイキイキとしていたい、活力に溢れた日々を送りたい方にも必要なホルモンだ。

テストステロンを増やす方法

ではここから、テストステロンを増やすための具体的な方法について紹介していこう。

1筋トレでテストステロンを増やす

筋力トレーニングをはじめ、適度な運動によってテストステロンの分泌量が増す。

ジムで筋骨粒々の方々はテストステロンが豊富に分泌されているということだ!

もちろんボディビルダーのようなムキムキ体型を望む方は少数派だろうが、定期的に運動、トレーニングする時間は男性ホルモンの分泌に重要だ。

テストステロンを増やすためにも、自分にとって適切な負荷で定期的な運動習慣を確保しよう。

2タンパク質補給でテストステロンを増やす

身体作りに欠かせないタンパク質は、テストステロンを増やすためにも重要な栄養素だ。

食事にタンパク質は不足していないだろうか。

まずは1日体重グラムのタンパク質摂取を目安に、日頃の食生活を見直してみよう。

3タマネギ/ニンニクでテストステロンを増やす

かつてからタマネギやニンニク、ネギ類全般は強壮効果を持つとされていたが、最近ではネギ類に含まれる含硫アミノ酸がテストステロンを増やすことも発見されている。テストステロンを増やすために積極的に摂りたい食材だ。

ちなみに食べ方にもポイントがある。カット調理の際に酵素の働きによって含硫アミノ酸は分解されてしまうそうだ。これを止めるためには先に加熱をしてカットするか、カットした食材を早めに食卓に提供するかのいずれかが大切と言う。私は丸ごとスープにして食べようと思っている。

4日光浴をしてテストステロンを増やす

UV(紫外線)に過度に当たることは避けなければならないが、適度な日光浴は体内のビタミンD濃度を増やし、テストステロンの増加につながる

ここで言う適度な日光浴は1日15分程度とされている。もちろん前提として、個人差/季節によっても異なる点に注意しつつ、適度に日光にあたることも意識してみよう。

5良質な睡眠でテストステロンを増やす

睡眠不足や、睡眠の質が低下することによってテストステロンが減少することも知られている。睡眠が不規則であったり、寝不足と感じている方は要注意だ。

ある研究では、20代の男性に1週間5時間睡眠させたところ、15%もテストステロンが減少したと言う。若い肉体でもこれだけ影響を受けるのだ30,40代以降の男性はより睡眠時間に気を配る必要がある。

日本人は睡眠が不足していると言われる。もちろん年齢/性別/ライフスタイル等、個人差はあるが7時間以上を一つの目安にしてみよう。

6挑戦/チャレンジでテストステロンを増やす

イリノイ州ノックス大学の研究によれば、学生たちに15分間銃を扱わせたところ、唾液から100倍のテストステロン値が検知されたそうだ。このことから危険な状態、リスクを感じることでもテストステロンが分泌されることが知られる。

自分にとって精神的・肉体的に少々チャレンジングなことをするのもテストステロンの分泌を増やす。限界に挑戦するスポーツや筋トレにも、確かにこうしたチャレンジ要素がある。

7ストレスを減らしテストステロンを増やす

過度なストレスはテストステロンの分泌を減少させる。何か心配事があったり、人間関係のトラブルがある場合は、早期の解決を図ろう。

また、運動も身体に過度な負担がかかってはストレスにつながる。運動は適度に、がポイントだ。

8注射でテストステロンを増やす

こちらは病院でのみ可能だが、男性ホルモン補充療法という、注射を打つ方法を用いてテストステロンを増やすこともできる。

専門の病院では、男性ホルモンの数値を検査することもできるため、自分のテストステロン数値が極端に低ければ、専門の医療を受診することも選択肢になるだろう。

9漢方でテストステロンを増やす

漢方の専門機関に頼るのも、テストステロンを増大させる有効な手立てだ。

精力減退、抑うつ感、すぐにイライラする、疲れやすいetc..こうしたテストステロンの減少による症状に対応する漢方薬がある。近くの漢方薬局を訪れて、試してみるのも良いだろう。

テストステロンを増やす方法まとめ

今回はテストステロンを増やす方法について全9つ紹介した。改めて下記に一覧でまとめる。目的は様々あるだろうが、読者のテストステロン分泌増加に役立つ情報となれば幸いだ。

  1. 筋トレ/運動でテストステロンを増やす
  2. タンパク質補給でテストステロンを増やす
  3. タマネギ/ニンニクでテストステロンを増やす
  4. 日光浴をしてテストステロンを増やす
  5. 良質な睡眠でテストステロンを増やす
  6. 挑戦/チャレンジでテストステロンを増やす
  7. ストレスを減らしテストステロンを増やす
  8. 注射でテストステロンを増やす
  9. 漢方でテストステロンを増やす

参考記事/論文一覧

参考文献

医道の日本2019年5月号(メンズヘルス鍼灸)

top Photo by Daniel Apodaca on Unsplash

kindle unlimitedでQOLを高める

audibleで効率的な情報収集を

-体調管理

© 2020 Upper Life Powered by AFFINGER5