体調管理 健康器具

マッサージボールの使い方-肩こりのリリース方法について

この記事は約4分で読めます。

今回はマッサージボールを使った、肩こり/肩周辺筋肉をほぐす方法についてまとめる。日頃のデスクワークで肩が張っている方、肩周りをリリースして快適に過ごしたい方は参考にして欲しい。本記事を参考に肩こりを軽減し、より良い体調を手に入れよう。

肩こりにマッサージボールがオススメな理由

私自身マッサージボールを使って肩のリリースをしているが、特にオススメと感じるポイントが2点あるので紹介したい。

体重を利用するのでケア疲れしない

マッサージボールを使った肩こりケアがオススメできるのは、ケア疲れしない点だ。

どういうことかと言えば、例えばセルフマッサージを自らの手で行うと結構疲れる。

肩に手を回して無理な姿勢を維持するのもそうだし、指圧するにしても指が疲れる。揉むならば握力を使う。せっかくのセルフマッサージで手や腕が疲れてしまうのだ。

これがマッサージボールを使うと解決する。壁を使うにしても床を使うにしても、マッサージボールに身体を預けるだけで良い。

自身の体重を利用してリリースできるのでケア疲れしない。

ボール一つでどこでもケアできる

またマッサージボールはフォームローラー等のセルフケアツールと比べ小さい。小さいから、いつでもどこにでも持ち運びできる。

ボール一つで、会社でも自宅でも、旅先にでも持っていける。場所を選ばずにどこでもセルフケアできる。これは便利だ。

マッサージボールを使った肩こりのリリース方法

では具体的に2つ、壁を使ったマッサージボールの肩リリース方法と床を使う方法を紹介していこう。

立った姿勢で壁にもたれるリリース方法

まずは立ち姿勢で壁を使ったリリースの方法だ。

動画では肩甲挙筋に狙いを定めてリリースしている。

ヒットするポイントは人によっても、その日の体調によっても異なる。今の自分の身体の声を聞きながら、心地よいポイントを探っていこう。

ポイントを見つけたら、マッサージボールを当てた状態で首を上下左右にゆっくりと動かしたり、腕を上下してみよう。

ちなみに床を使うよりも壁に寄りかかる方が、マイルドにほぐすことができる。痛みに敏感な方には壁を使った方法がよりオススメだ。

仰向けで体重を乗せるリリース方法

仰向けでリリースする方法は、よりダイレクトにマッサージボールに体重を乗せることができる。

より強く刺激を与えたい時は、この方法がオススメだ。

圧がしっかりとポイントに入れば、十分なリリースが期待できる。無理に動く必要もない。

深呼吸をしてリラックスすることを心がけながら、固まった肩がほぐれる感覚を味わおう。

肩こりリリースにオススメのマッサージボール

ピンポイントで狙える小さめのマッサージボールがオススメ

私の場合トリガーポイント社のMB1を愛用している。

MB1は直径6cmの小さなマッサージボールだ。

個人的に肩周りの筋肉リリースには、小さめのマッサージボールが良いと思っている。ピンポイントで局所を狙うことができるからだ。

勿論、マイルドな刺激を広く肩に当てたいという方は、より大きめのマッサージボールを好むかもしれない。

最終的には好みになってくるが、どのマッサージボールを活用するか悩んでいる肩には、トリガーポイント社MB1の利用も参考にして欲しい。

マッサージボールの使い方-肩こりのリリース方法まとめ

今回はマッサージボールを使った肩リリースの方法について、

  1. マッサージボールがオススメな理由
  2. マッサージボールの肩リリース方法
  3. 肩こりリリースにオススメのマッサージボール

以上3点についてまとめた。

いかがだっただろう。今回の記事が肩こりに悩む読者にとって、参考になる情報源となり、QOL向上のお役に立てば幸いだ。

kindle unlimitedでQOLを高める

audibleで効率的な情報収集を

-体調管理, 健康器具

© 2020 Upper Life Powered by AFFINGER5